ペット介護士と動物介護士どちらの資格を取るべきか

中卒シングルマザー資格取得ドットコム(TOP)シングルマザーにおすすめのペット関連資格>ペット介護士と動物介護士どちらの資格を取るべきか

動物やペットの介護士と看護師の違いとは

ペット介護士と動物介護士どちらの資格を取るべきか動物やペットの看護、介護をするための看護師と介護士の違いは、民間資格ということから認定するところが違うために資格名称が決定的に違うのです。資格取得のために学習する内容は、それぞれの資格で微妙に異なりますが、大筋では、動物看護師は動物病院などで獣医のサポートをする、動物介護士は老いた動物の世話をするという観点でカリキュラムが組まれています。ただし、動物の健康管理やケアをする基本的な部分はさほど違いがありません。

資格名称に惑わされることなく自分に必要な知識、技術を身に付けられる資格を目指して、通信講座を選ぶと数か月後にはあなたも立派な動物看護師、動物介護士になれるはずです。

どんな機関・協会が、どんな資格を認定しているのか調べてみました。ペットの健康にかかわりたいのか、ペットの老いに寄り添いたいのか、どんなところで働きたいのかなど、目指すポイントを絞って、自分にピッタリな資格取得を目指しましょう。動物看護師資格や動物介護士資格の詳細や講座カリキュラムの違いを確認するには、通信講座の資料を取りよせてみるとしっかり比較検討できます。

看護と介護の差とは

動物看護師と動物介護士の資格は両者ともに動物やペットを扱う資格ではありますが、中身的には異なる資格ですので、間違いないようにしてください。人間の看護師さんと、介護士さんの違いと同様ですね(^^♪

そして動物看護師、ペット看護士の資格は、動物を看護するための資格で、この資格を持っていると動物病院が主な職場となり、獣医のサポートや処置の手伝いなどをすることが仕事になります。

動物介護士は、ペットの家族化、ペット人気に伴うペットの長生きや老いに対するケアが必要になってくるケースが増えてきたことから生まれた資格です。
動物介護士の仕事は、このような老いたペットの介護や生活上のケアを行うことで、主な職場はペットホテルやペットショップなどになります。

動物介護に向いている人とは

動物が大好きで最後まで動物に寄り添ってあげたいと思える人、排泄介助なども含めケアが必要な動物に優しく接してあげられる人は、動物看護士には向いています。
自分でもペットを飼っていて老いたペットの扱いについて真剣に向き合いたいと思っている人にも、とても有益な資格です。

動物看護士の資格は、動物に寄り添う仕事に就きたい人や、身近なペットのケアを考えている人に、是非とも取得してもらいたい資格です。

動物看護に向いている人とは

動物の健康管理、病気の治療に興味のある人には、動物看護師・ペット看護士の資格が向いています。獣医になるには国家資格が必要ですが、動物を看護する看護師には国家資格は必要ありません。しかし、動物の病気や怪我への対応、健康管理など動物病院での看護業務には専門的な知識が求められるのは当然です。
そこで、民間資格として様々な協会や団体などが認定している動物看護の資格が生まれたのです。

認定する協会や団体ごとに名称が異なり、動物看護士、ペット看護士、小動物看護士など混乱を来したため、動物看護師統一認定機構が発足し、動物看護の知識・技術の水準や資格価値を高めることになりました。その結果、動物看護師統一認定試験が実施され、名称は動物看護師という名称が一般的になりつつあります。
ただし、動物看護師統一認定試験も民間資格なので、他の資格と資格区分で変わるところはありません。

人間の看護には国家資格の看護師資格が必要なのに、この辺りは若干違いがあるようですね。
名称の統一化も図られているようですが、従来からの動物の看護に関する各種資格が使えないわけではなく、就活や転職には役立つ資格としてそのまま残っているのも事実です。

動物看護師・介護士の資格はいろいろ

動物たちを介護するための資格には、動物介護士、ペット介護士、ドッグヘルパー、老犬介護士など、さまざまな名称の資格がありますが、それらは全て民間資格です。さまざまな機関、協会などから似たような名称の資格が出ていて、どの資格を取得すれば良いのか戸惑う人も少なくないようですが、逆に民間資格なので、持っていなくても仕事に就けないわけではありません。ただし、就活するとなると動物看護というある意味専門的な業務になるため、知識やスキルの保有を証明するためにも何か資格を持っている方が有利になります。

資格名 認定 資格概要
小動物看護士 一般社団法人 日本ペット技能検定協会 動物病院の看護士としてだけではなく、ペットの健康障害に対応できることから、ペットショップの経営者やトリマー、トレーナー、ブリーダーなどペットビジネス全般で活躍の場を広げることができる資格
ドックシッター 一般社団法人 日本ペット技能検定協会 ドッグシッターはペットの生体と健康を熟知したプロであることの証の資格です。ペット共生社会に入り、ペット飼育数の上がり続けるわが国で、今後脚光を浴びる資格
小動物介護士 一般社団法人 日本ペット技能検定協会 ペット介護だけでなく飼い主への心を込めたサポートも行うペット介護のスペシャリスト、業界を支える有望な資格
ペット看護士 一般財団法人 日本能力開発推進協会 犬、猫に関する基礎知識、犬、猫の健康管理、しつけ、グルーミングの知識を有している犬、猫の看護のための資格
老犬介護士 一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会 犬の老化に向き合うため、寄り添うための資格で、健康チェックと応急処置を学び、老化のサインにいち早く気づいて生活環境の工夫や生活品質の向上のための知識を有している証の資格

動物・ペットの看護に携わりたいなら小動物看護士またはペット看護士の資格が良いでしょう。また、動物・ペットの介護に携わりたいなら小動物介護士または老犬介護士の資格がおすすめです。自身のペットの健康管理に興味がある人にはドッグシッターの資格が短期間に取得できるので良いでしょう。

資格取得のための通信講座選び

動物看護師・介護士関連の試験は、誰でも受験可能な受験制約のない試験です。
認定する協会や団体によって名称は若干異なりますが、実質的な内容にはさほど差異がないため、どの資格を選んでも就活や転職に困るということはありません。

資格取得のための通信講座ではその講座で取得した資格を使って働ける職場や就職先をサポートしてくれる制度もあるため、どの動物看護の資格を取るというより、どの講座で資格を取るか・・・を決めることになります。

動物看護師の通信講座には、取得できる動物看護師の資格と連携している協会や団体があるので、連携先の看護の職場への就職・転職支援の有無も確認しておくと良いでしょう。

動物看護師のおすすめ通信講座徹底比較

動物看護師のおすすめ通信講座は、4ヶ月から6ヶ月と比較的短時間で習得できる講座が人気です。目指せる資格と講座費用などから自分に合う通信講座を選べば良いでしょう。

私のおすすめのは、学習期間も3ヶ月と最短で、講座費用も格安でペット看護士及びセラピストのダブルり資格が取得できる資格のキャリカレのペット看護士&セラピスト W資格取得講座です。
eラーニングを効率的に活用し、毎日30分の学習で合格力が身に付くカリキュラムが魅力的です。

資格

ペット看護士、セラピスト 小動物介護士、小動物看護士、ドッグシッター ペット介護士

認定

一般財団法人日本能力開発推進協会 一般社団法人日本ペット技能検定協会認定 一般社団法人日本ペット技能検定協会認定

講座名

ペット看護士&セラピスト W資格取得講座 動物看護介護講座eラーニング付き ペット介護士養成講座

学校

資格のキャリカレ ヒューマンアカデミー / 通信講座『たのまな』 がくぶん

講座特徴

●ペットの健康管理からグルーミング、ペットアロマまで学習
●1日30分、わずか3ヶ月でW資格取得を目指せる
●講座修了で小動物看護士、小動物介護士、ドッグシッターの3つの資格を一気に取得
●eラーニングで隙間時間を活用した学習ができる
●テキストの要点動画解説で理解度UP
就職・転職サポートあり
●講座修了でペット介護士の資格認定
●ペットを長生きさせるために必要なケア技能をテキストと映像で学習
●自宅で資格が取れる通信講座

費用

39,600円(税込) 86,900円(税込) 39,900円(税込)

期間

3ヶ月 4ヶ月 6ヶ月

テキスト

ペット看護士&セラピスト W資格取得講座●学習ガイド
●テキスト3冊
●副教材1冊
●添削問題1冊
●映像講義
たのまなの動物看護士通信講座●動物看護・介護学テキスト
●トレーニング学テキスト
●ペット社会学テキスト
●資料DVD 10巻
●添削設問 3冊
●犬・猫骨格ポスター各1組
がくぶんの動物介護士通信講座●テキスト(知っておきたいペットの基礎知識、ペットの健康管理の仕方、他3冊)
●ペットの基礎知識と健康管理DVD
●ペットのしつけとグルーミングDVD
犬種・猫種図鑑
●動物に関する法律
●犬、猫別健康チェック表
●指導課題集
●ペット介護士認定試験
●学習ガイダンス

資料請求

【資料請求】ペット看護士&セラピスト講座 【資料請求】動物看護介護講座 【資料請求】がくぶんのペット介護士養成講座
★★★資料請求は無料★★★

動物介護士の資格おすすめ通信講座4選

動物の介護関連資格の中から、当サイトでも人気のある資格について、どんな人に向いている資格なのか、資格取得のためのおすすめの講座はどれかなど、まとめて紹介します。

気になる動物介護士資格の取得講座を見つけたら、講座の詳細が解説された資料は無料で請求できるので、取り寄せてじっくり確認してみてください(^^♪

小動物介護士

小動物介護士一般社団法人 日本ペット技能検定協会の認定資格です。協会指定カリキュラムを修了し、筆記試験に合格することで資格取得できます。

たのまなの『動物看護介護講座』は、日本ペット技能検定協会認定講座なので、この講座の規定過程を全て修了すれば、小動物介護士の他、小動物看護士とドッグシッターの資格も取得できます。

動物介護士の他に動物に関連した看護士、シッターの資格も同時に取得できる講座ですので、動物、ペットが大好きで関連する資格を一気に取得できる講座としては一番おすすめです。

講座名 動物看護介護講座
スクール たのまな
学習期間 4ヶ月
特 徴 専門知識と実技を短時間で習得できるので、就活に役立てるため早く知識や技術、資格を取得したい人にはおすすめです。
たのまなでは就職や独立開業の相談やサポートもしてくれるので、資格取得後の資格活用でも安心です。

動物介護士:動物介護業界で就業したい人、動物介護士として独立開業したい人におすすめの資格

>>動物看護介護講座【詳細】

老犬介護士

老犬介護士一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会 (JCSA)の認定する資格です。

ペットブームに比例して愛犬の老いについての悩み、相談も多くなってきており、老犬期を迎える前に「犬の老い」についての備え、さらに愛犬の終末介護から看取りまでを学びます。

日本ケンネルカレッジの「老犬介護士養成専門講座」を受講、修了すれば、JCSA認定マスターライセンス「老犬介護士」資格を取得できます。

講座名 老犬介護士養成講座
スクール 日本ケンネルカレッジ
学習期間 5ヶ月
特 徴 老犬ホームひまわりが監修した専門講座で、長年にわたり老犬介護を行なってきた動物看護師のノウハウを分かりやすく学ぶことができます。
就職支援も行ってくれるため、老犬ホーム、老犬シッター、動物病院、ペットホテル、ペットショップなどで働きたい人にはおすすめの講座です。
マスターライセンス取得後に実技スクーリングに参加することで、JCSA認定インストラクターライセンス「老犬介護士 A級・B級・C級」資格も取得できます。

老犬介護士:老犬介護の専門家として就業したい人におすすめの資格

>>老犬介護士養成専門講座

ドッグヘルパー

ドッグヘルパー一般社団法人 日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)が認定する動物介護士関連の資格です。

ドッグヘルパー講座では、愛犬の健康チェック、栄養学、デンタルケアなどの基本的な健康管理から、応急処置、投薬の知識やしつけに至るまで、愛犬と幸せに暮らすためのノウハウを学習します。

ペット資格通信専門校「日本ケンネルカレッジ」のドッグヘルパー講座を受講、修了することでドッグヘルパーの資格を取得することができます。

講座名 ドッグヘルパー講座
スクール 日本ケンネルカレッジ
学習期間 3ヶ月
特 徴 愛犬の健康チェック、栄養学、デンタルケアなどの基本的な健康管理から、応急処置、投薬の知識やしつけまで習得することができる講座です。
愛犬と幸せに暮らすためのノウハウを学ぶことができるため、既に愛犬を飼っている人、これからワンちゃんを飼おうと思っている人、愛犬のケアに興味のある人などにおすすめの講座です。

ドッグヘルパー:愛犬のケアについて基礎から学びたい人におすすめの資格

>>ドッグヘルパー講座

ペット介護士

ペット介護士ペット介護士は、ペットが元気で暮らせるようにするために、正しいペットケアの知識とスキルを身につけた人のことで、群馬県のドッグコミュニティーパーク「世界の名犬牧場」と通信講座大手「がくぶん」が認定する民間資格です。

ペット介護士の資格は、がくぶんの通信講座「ペット介護士養成講座」を修了することで資格認定を得ることができます。

講座名 ペット介護士養成講座
スクール がくぶん
学習期間 6ヶ月
特 徴 健康管理、しつけ、グルーミング など幅広い知識と技能を学ぶことができ、当該講座を修了すると「ペット介護士」の資格が認定されます。
ペット介護士の知識と技能は、愛犬のケアに大いに役立つほか、動物病院、ペットショップなどペット業界への就活、独立開業する際ににも役立つものです。

ペット介護士:愛犬のケアについて基礎から学びたい人におすすめの資格

>>ペット介護士養成講座

動物看護師統一認定試験とは

動物看護に関する様々な資格がある中、知識やスキルを統一された基準のものとで認定することを目的としてスタートしたのが動物看護師統一認定試験です。動物看護師統一認定試験は一般財団法人の動物看護師統一認定機構により実施されています。

名称 動物看護師統一認定試験
認定 ●動物看護師統一認定機構
受験資格 ●動物看護に関する課程を有する専門校・専修学校・短期大学・大学の既卒者もしくは卒業見込み者
●動物看護師として3年以上(2013年4月1日時点)の勤務経験のある者
●上記資格に相当する経歴を有するものであると機構が認めた者
試験 ●試験日:年1回、3月上旬
●試験会場:札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、岡山、福岡、那覇の8か所
特徴 ●受験可能な大学は全国で8校ありますが4年間通う必要があり、専門学校等なら約60校ありますが、それでも2年間は通う必要があり、動物看護師統一認定試験を受けるための資格を取るためのハードルは結構高めです。
高卒認定試験
取得1ヶ月資格
お悩み・相談
お仕事探し