シングルマザーの手に職が付く資格

中卒シングルマザー資格取得ドットコム(TOP)シングルマザーでも簡単に取れる資格>シングルマザーの手に職が付く資格

シングルマザーの手に職|おすすめ資格

シングルマザーの手に職の付く資格
安定した生活と収入、やりがいを求めるシングルマザーには、手に職系の資格取得がおすすめです。
3~6ヶ月の準備期間で取得できるおすすめの資格は、需要も増大中で就活にも有利ですので、やる気のあるシングルマザーに紹介します。

  1. シングルマザーの手に職|おすすめ資格
  2. 手に職系の資格取得は準備が大切
  3. 手に職がつく資格おすすめ2選
  4. 登録販売者|薬のスペシャリスト
  5. 宅建士|不動産業界では必須の国家資格
  6. 保育士|保育士不足でニーズ増加中

シングルマザーの手に職|おすすめ資格

シングルマザーが安定した収入を得るためには、資格を持っていないと就けない仕事だったり、資格手当がもらえる仕事だったり、一生使えるような資格・・・手に職が付くと言われる資格を持っていると有利です。

手に職と言われる資格には、大きく分けて国家資格公的資格があります。

国家資格とか公的資格とか聞くと、何やら難しいイメージがありますし、権威のある資格を持っていれば稼げるような気がしませんか??? ただし、国家・公的資格の中には簡単に取れるけど就活に役立たない資格や絶対に役に立つし、有利だけど大学出てから勉強しないと無理という資格もあります。

そこで、シングルマザーでも挑戦できて、就活に有利で資格手当も付くようなおすすめ資格を紹介します。

手に職系の資格取得は準備が大切

特定の職業に従事する際に必要となる資格は手に職を付ける意味ではとても重要で、その分取得取得においても取得に時間を要するもの、ハードルの高いものもあります。

資格取得のための国家試験や公的試験は、年に1回、年に数回のチャンスしかないものが多いため、資格を取るためには受験のためのスケジュールをしっかりと立てて、受験の準備を行うことが重要です!!

したがって、独学で準備するより、実績のある通信講座を受講して、そのカリキュラムに沿った試験勉強をすることが、資格取得の王道と言えます。

薬剤師に次ぐ資格として人気の登録販売者の資格試験は、都道府県単位で実施され、年に1回のチャンスしかありません。このため、自分の住んでいる都道府県の試験日をしっかり押さえて、その日をゴールに学習計画を立てて行くのがゴールへの近道です。概ね8月から12月辺りに試験を実施するところが多いので、年末から4月頃までに通信講座をスタートさせればいいでしょう。

シングルマザーのための手に職がつく3つの資格

比較的簡単に取得できて、就活にも有利で、資格手当も付くなど、シングルマザーの生活・収入に貢献する手に職が付く資格がこちらです!!
資格を持っていないと就くことができない業種になるため、資格保有者は就職・転職に超有利です!!
また、資格手当が付く職場もあるため、収入的にもアップが期待できちゃいます(^^♪

登録販売者|薬のスペシャリスト

登録販売者|薬のスペシャリスト
薬剤師と並んで近所のドラッグストアやスーパーの薬局などで一般用医薬品を販売するお仕事するための公的資格です。しかも、平成27年から受験資格の制約がなくなり受験しやすくなったため、シングルマザーにはかなりおすすめの資格です。

3ヶ月ほどの準備期間で公的資格が取得できます。しかも、職場も近所の一般用医薬品を販売している薬局、スーパーの薬コーナーなどですので、仕事と子育ての両立も図りやすいと思います。
独立を考える人なら、医薬品販売の店舗を持つことも夢ではないため、将来のステップアップにもつながるおすすめ資格です。

登録販売者の収入

登録販売者の気になる給与ですが、この資格を持っていないとできない業務があるため、資格手当が付く職場が多く、パートなら時給も高くなるので、平均的にみても収入は高くなっています。

登録販売者の資格試験

登録販売者の資格を取るための試験は、各都道府県ごとに8月下旬から12月上旬にかけて実施されています。
試験の約2ヶ月前から受験申し込みができるので、済んでいる都道府県の試験日を確認して、受験申込をしてください。

登録販売者の資格取得通信講座

通信講座『たのまな』の登録販売者の資格取得講座は、3ヶ月から6ヶ月間のカリキュラムで準備をするようになっているので、受験申し込みの数か月前には通信講座の受講申し込みをして、通信講座をスタートすれば良いでしょう。
短期間で合格を目指せるカリキュラムになっていて、本試験を意識した添削や合格サポート制度など、充実した内容の通信講座です。eラーニング付きの講座を受講すれば、講義解説や過去問解説、学習の進捗管理などが確実に行えるので効率的に学習ができます。

登録販売者通信講座の詳細は、無料で請求できる講座資料で詳細が確認できるので、登録販売者の資格取得に興味があるなら、取り寄せてみると良いでしょう!!

登録販売者の資料請求【無料】
矢印
登録販売者の資料請求【無料】
(医薬品)登録販売者 合格講座

宅地建物取引士|不動産業界で活躍できる国家資格

宅地建物取引士|不動産業界で活躍できる国家資格
宅地建物取引士の国家資格は、不動産業界で働くときには持っていると都合の良い資格です。不動産業者には5人に一人の割合で、宅建士の資格を持っている人を置かなければならない決まりがあるため、資格を持っているだけで資格手当が付いたり、給料面での優遇処置が図られるところが多いのです。

しかも、宅建士の国家試験は受験制約がないため、中卒でも受験でき、四肢択一の問題なので、3ヶ月から半年くらい通信講座で勉強すれば合格を狙えます。合格率は2割前後とやや難関ですが、しっかり対策すれば取得できる資格です。

宅地建物取引士の収入は

宅地建物取引士の気になる給与面ですが、この資格を持っていないとできない業務(重要事項の説明重要事項説明書への記名押印、契約内容書面への記名押印)があり、資格手当ももらえるため年収については一般的に高額です。

不動産業界で活躍したいなら是非とも取得しておきたい資格で、不動作の売買にかかわる事業所のほか、住宅メーカーなどの建築業、銀行・保険会社などの金融業、各種企業の資産管理部などで働く際にも活用できる資格です。

>>宅建士の資格が取れるおすすめ通信講座

保育士|保育士不足でニーズ増加中

保育士|保育士不足でニーズ増加中
子供の成長を支えるやりがいのあるお仕事が、保育士です。
シングルマザーとして子育て中なら、その仕事の重要性、やりがいが手に取るように分かると思います。

保育士の資格は国家資格なので、一度取得すれば日本全国どこでも使えるいわゆる手に職の付く資格と言えます。子供が好きなシングルマザーにほ、月給のアップも見込める今からかなりおすすめの資格です。

待機児童の問題などで保育士の不足が叫ばれる今、保育士の需要が拡大しているこの時期に、シングルマザーに取得して欲しい国家資格です。

保育士の資格取得には約半年程度の準備期間が必要ですが、国家資格であり、全国に保育園などが増設されて保育士の募集が増大しているため、まさに安定した手に職系のおすすめ資格です。ただし、保育士には受験資格があるので、まずは無料の資料請求で詳細を確かめるようにしてください。

>>保育士資格取得講座【資料請求】

JNN(2017/1/7)配信のニュースで、『東京都小池知事が、待機児童対策として来年度から保育士の月給に1人あたりさらに21,000円の補助を上乗せすることを明らかにした。』とありました。
国の上乗せ30,000円と合算すると合計で7万近くの上乗せになるようで、保育士の平均月収が32万円ほどになり、幼稚園の教諭並みになるようです。
つまり、今からでも保育士の資格を取得すれば、やりがいのある保育の仕事を結構な月給を取得して行うことができるのです。

以前の保育士の平均年収は300万円~340万円と言われていましたが、上乗せもあって2021年における平均年収は、地域ごとに若干の差はあるものの400万円~440万円となっています。したがって、今からでも遅くはありません!! 保育士は資格取得に挑戦してみる価値のある国家資格だと思います。

現在の保育士の収入は

保育士の気になる給与面は、コロナ禍での責任と苦労もあり、仕事の中身からすればまだまだ低いかもしれませんが、子供と触れ合い、子供が好きならやりがいのある仕事です。
保育士不足が叫ばれ、行政の子育て支援背策なども進むようなので、就職しやすくおすすめの職種の一つです。

保育士の試験及び受験資格

保育士試験には受験資格があるので、自分が該当者か否かを事前にチェックしておく必要があります。
主な受験資格要件を見てみると、次の3つがあります。

  1. 短大卒程度以上(ただし、平成3年3月31日までの高卒者などは高校卒業以上なら受験可)
  2. 高校を卒業した後、児童福祉施設で2年以上児童保護に従事
  3. 児童福祉施設で5年以上児童の保護に従事

保育士の試験は、通常年に2回、前期試験(筆記4月、実技6月)と後期試験(筆記10月、実技12月)とがあります。受験のための通信講座は約6ヶ月なので、どのタイミングで通信講座をスタートさせても次の試験には間に合うことになります。

保育士の資格取得通信講座

通信教育『なのまな』の保育士【完全合格】講座なら、6ヶ月の通信学習で保育士の完全合格が目指せてシングルマザーに人気です。
eラーニング併用の講座も用意されているため、スマホやパソコンを活用して、忙しいシングルマザーでも隙間時間して学習できます。

一般教育訓練給付制度の対象講座
また、たのまなの保育士講座は、厚生労働大臣指定の講座なので一般教育訓練給付制度の対象になります。
受講前に申請すれば、受講料の最大20%がハローワークから支給されるので、経済的にも助かる仕組みになっています。

給付制度への申し込み要領、保育士講座の詳細については、細部資料の請求が無料で行えます(^^♪

合格保証制度のある保育士通信講座
矢印
保育士資格を通信講座で取得するなら今がチャンス
保育士資格【合格保証制度付】

高卒認定試験
取得1ヶ月資格
お悩み・相談
お仕事探し