宅建士の資格は中卒でも取れるのか

中卒シングルマザー資格取得ドットコム(TOP)中卒シングルマザーの不安と悩み>宅建士の資格は中卒でも取れるのか

宅地建物取引士(宅建士)とは

不動産業界では必須の資格とも言われる宅地建物取引士(宅建士)とは、不動産の売買や賃貸の仲介の際に買主や借主に対して物件の説明(重要事項説明)をする人です。

この重要事項の説明業務は宅建士の独占業務なので、資格を持っていない人は行えないため、不動産業界では不可欠の資格と言われるのです。

また、不動産業者の5人に1人はこの資格を持っていなければならないことから、不動産業界への就活でも非常に役に立つ資格です。

宅建士になるための資格とは

宅建士になるには年に1回実施される宅地建物取引士の国家試験に合格しなければなりません。

しかし、この試験の受験資格は特にないため、中卒のあなたでも受験すること、挑戦することができるのです。

試験は、四肢択一形式の問題で、50問の筆記試験です。

宅建士の国家試験は10月中旬に毎年実施されるので、この時期に焦点を絞って受験勉強をスタートすれば良いでしょう。

宅建士になるための近道は

宅建士になるためには50問中35問前後の正解を獲得する必要がありますが、合格率については宅建士の養成人数などが考慮され、一概に何点以上が合格というわけではありませんのであしからず。

試験内容は、土地の形質、地積、地目および種別並びに建物の形質、構造および種別に関すること、土地および建物についての権利および権利の変動に関する法令に関すること、土地および建物についての法令上の制限に関すること、宅地および建物についての税に関する法令に関すること、宅地および建物の需給に関する法令および実務に関すること、宅地および建物の価格の評定に関すること、宅地建物取引業法および同法の関係法令に関することなど広範多岐に渡るため、独学するより通信講座を利用するのが近道です。

宅建士のための通信講座では、過去問の分析、出題傾向などから合格するための学習を効率的に行うことができるからです。

宅建士の資格取得通信講座を選ぶための資料請求は無料で一括請求できますよ(^^♪

中卒でも資格取得できる宅建士

宅地建物取引士の通信講座
資料請求【無料】

高卒認定試験
簡単に取れる資格
お悩み・相談
お仕事探し