中卒でも取れる宅地建物取引士

中卒シングルマザー資格取得ドットコム(TOP)シングルマザーでも簡単に取れる資格>中卒でも取れる宅地建物取引士

国家資格の宅地建物取引士とは

宅地建物取引士は、不動産業界では重要事項の説明はこの資格を持っていないと行えないという、不動産関係者に必要不可欠な国家資格です。

不動産業者には5人に1人は、この資格(宅地建物取引士)を持っている人がいないと店舗を維持できないため、誰もが狙っている国家資格です。

宅地建物取引士の取り方

宅地建物取引士の国家試験は10月に1回開催されるため、10月の試験にターゲットを絞って準備する必要があります。

問題数は50問で、四肢択一の試験になるため簡単に思えますが、合格率は15%程度と少し難しいですが、35問以上の正解が合格の目安なので頑張れば問題なく受かるでしょう。

登録講習を修了すると、5問の問題が免除となるため、問題数は45問となって、かなり有利になる点があるため、受験生の多くは登録講習を受講します。

合格へのポイント

これまでの試験を調べてみると分かりますが、試験問題の多くは過去の問題の焼き直しと思える問題が多いため、過去問に取り組むことが合格への近道です。

しかし、不動産関連、商法関連、そのた法律関連と試験範囲も広いため、独学するよりは通信教育により基礎を学んで、出題率の高い過去問を効率的に解いていくスタイルの勉強方法が有効です。

資格取得のスケジュール

10月の国家試験に向けて、新年が明けた1月から3月までには試験準備をスタートする必要があると思います。

勉強のペースにもよりますが、2,3ヶ月はテキスト中心の基礎知識のマスター、その後過去問を繰り返して解いていく、そして模擬試験を受けるといった流れの通信講座を選択し、受講すると良いでしょう。

高卒認定試験
簡単に取れる資格
お悩み・相談
お仕事探し